2010年10月18日

お茶石けんの教室

昨日の日曜日、ヒナコを連れてLONGWYさんの石けん教室に行ってきました。
会場は大阪、谷町四丁目のエンクルさんで、お茶の石けんを作ります。
この前私も作ったばかりなんですが、こちらはインフューズドオイルではなく
無水エタノールで成分を抽出したチンキを使う方法です。
LONGWYさんにお会いするのも何年ぶりかだし、チンキを使って石けんを作るのは初めて。
すっごく楽しみにしてました。

2010101701s.jpg

ペットボトルに入っているのはオリーブオイル。エキストラバージンです。
両側の茶色いビンと小さなビンに入っているのが緑茶のチンキ。
パッと見は緑色なのかよくわかりませんが、すごく濃くてなんだか効きそうですね。

アルコールを石けん生地に入れると鹸化が一気に進んで大変なことになるらしいです。
チンキを混ぜるにはアルコールを飛ばす必要があるんですが、直火はちょっと危険なので、
今回はちょっと違う方法でアルコールを飛ばしていきます。
オイルと苛性ソーダ水を合わせるときにはすでにアルコールが飛んだ状態になってるはず。

2010101702s.jpg 2010101703s.jpg

左の写真、オイルとチンキを合わせたものですが、まだアルコールが飛んでません。
右の写真と比べると…周囲に細かい泡が立っているのがわかります?

2010101704s.jpg

苛性ソーダ冷やし中。今回は全体的に温度低め設定です。

2010101705s.jpg 2010101706s.jpg

オイルと苛性ソーダ水を合わせて20分撹拌。分離することなく、無事に混ざってくれました。
ブレンダー使用。ちょっとゆるめのトレースですね。クリーミーで、とても優しいグリーンです。
緑茶石けんってどんな香りにすればいいか迷うし、香りをつけるのがもったいない気がするので
いつもは無香料にすることが多いんですが…。
今回は、ラベンダーとジュニパーベリーの精油を使って香りをつけてみました。
LONGWYさん、精油こぼしちゃってすみませんでした…。
牛乳パックの型に流し込んで、型ごと持ち帰りです。あとは24時間保温ですね。

2010101707s.jpg

こちらはお土産にいただいた緑茶石けん。
ちょっと退色してしまっているそうで、ほのかにグリーンです。

終わったあと、お茶とお菓子をいただきながら質問タイム。
っていうか、作ってる時から質問いっぱいしてたんですけどね。
少人数で、お友達の家でわいわいと石けん作りをしているような感覚でした。
ヒナコもまるで人見知りせず、何度も来ているかのようにくつろいでいました。
ちょっとリラックスしすぎだろう、とツッコミを入れたくなるほど…(汗)
今回、ヒナコもエプロンやゴム手袋を持参して、最後のぐるぐるを手伝わせてもらいました。
が、苛性ソーダを使う危ない時など、ちゃんと自分から隣の部屋へ退避していました(笑)

さてさて、できあがった緑茶石けんはどんな色になっているでしょうか。
型出しが楽しみです。
自分の作ったインフューズ緑茶石けんと色や使い心地を比較してみるのもいいかも〜。



posted by yuki at 23:55| Comment(2) | 石けんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こそあど言葉

今日の学童からの帰り、空を見上げると月や星が見えました。
ヒナコとの会話。

「お母さん、月が出てる」
「その横に星も出てるのわかる?あそこ」
「あっ、それ?」
「そうそう。でも『それ』じゃなくて『あれ』だと思う」
「あっ、そうかー。『これ』は自分の近くで、『それ』は相手に近いもの」
「そうやね。じゃあ『あれ』は?」
「えっと、どっちからも遠いもの!」
「じゃあ、あとは『どれ』やね」
「『どれ』…は、得体のしれないものー!」

そんな説明嫌ですー。

posted by yuki at 00:00| Comment(2) | ヒナコのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。