2011年01月30日

石けんレポート・紫根の色の変化

2011012201s.jpg
先日作った紫根の石けん、こんな色になりました。
落ち着いた感じのやさしい紫色。

紫根を使ったのは今回が初めてだったので、色の変化を楽しみたくて写真をたくさん撮りました。

・オリーブ油(紫根inf.) 40%
・ココナツ油 25%
・パーム油 27%
・米油 8%
・ラベンダーE.O.
・ビクトリアンローズF.O.

水分量 35%
ディスカウント 10%

2011011600s.jpg
オリーブオイルに紫根をそのまま3か月ほど漬けこんだもの。
本当はミルで細かくして、油も加熱したほうがいいのかもしれないけど…。
紫根を使う目的は石けんに色をつけることなので、まぁいいかと横着しました。

2011011602s.jpg
計量して、ほかのオイルと合わせた状態。きれいな赤い色です。

2011011603s.jpg
苛性ソーダと合わせて撹拌していきます。
この時の温度は苛性ソーダ水溶液が45度、オイルはちょっと高めで50度。
どうせトレースまで時間がかかって温度が下がるんだし、45度まで下げなくてもいいかと。
注いだところからさっそく色が変化してきました。だんだん暗い色になっていきます。

2011011604s.jpg
あっという間にこんな色になりました。

2011011605s.jpg
ちょっと写真ではわかりづらいですが、深い赤紫色になりました。
実は混ぜはじめてからこの色になるまで、1分くらいしかたっていません。

2011011606s.jpg
さらにぐるぐると撹拌し続けると、だんだん明るい色に変化してきました。
赤紫色だったのに、そこからさらに7分ほどで、この写真のような色になりました。
本当はもっと紫色が強かったんです。濃い目のラベンダー色っていう感じで。
でもデジカメはどうも紫色が苦手らしく、何度撮っても青にしかならず…(:_;)
これはデジイチの写真ですが、コンパクトデジカメでも携帯のカメラでも結果は同じ。
見たままの色を残せなくて、すごく残念です。きれいな色だったのにー!

2011011607s.jpg
ブレンダーも使いつつ、さらに30分ほど混ぜた状態。まだサラサラしてます。
この時も実際はもっと紫色っぽいんですが…。
こういう時はフィルムのカメラの方がよかったかなーと思ったりします。

2011011608s.jpg
さらに20分後。少しゆるめですがトレースが出ました。

2011011609s.jpg
香りづけをして型入れ完了。
混ぜはじめてからトレースまで、やっぱり1時間くらいかかって温度が下がりました。
気休めに型入れの時にちょこっと温めたけど…。

で、最終的には記事の一番上の写真のような色になったわけです。
ジェル化もしていないので、マットな感じですね。

今回の石けんはなんだか実験っぽくてすごく楽しかったです!
アルカリで赤→青(紫)ってあれですよね、ブルーマロウの逆バージョンの変化。
次に作るときはインフューズドオイルの割合を変えたり、紫根をもっと濃く抽出したり。
日に当てないようにして抽出したら青が強くなるんだっけ?
また色々と試してみようかなと思います。


posted by yuki at 00:00| Comment(2) | 石けんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。