2011年05月10日

伝え方はね その2

5月の人事異動で担当替えが結構あったので、月末締めの仕事と引き継ぎで忙しい。
とりあえず今日中にやらないとダメなことは片付いたけど、他の仕事が玉突き式に後回しになる…。
明日はどれだけ片付くかなぁ。今日も疲れた…。

今日お客さんから電話がかかってきた時に、フルネームとその漢字を聞いたんです。
『くどう』さんだったんですが、「普通の『くどう』です」と言われました。
普通って何が普通ー?
私は『工藤』さんだと思いました。でも『久藤』さんかもしれないし、『宮藤』さんかも。
とりあえず、自分の普通と相手の普通が一致してるか不安なので確認はしておきました。

思い出したのが、昔、『伊藤』さんって友達から聞いた話です。
電話の相手にどんな漢字か聞かれて「普通の『いとう』です」って言ったらしいんですが、
「井戸の井に東西南北の東の井東さんですね」って言われたらしいです。
伊藤さん、「どこが普通やねん!」って思ったらしいですが。
人によって地域によって、きっと普通って違うんですよね。『普通』はあてにならない。

ちなみに、お客さんの下の名前は『真一』さん。
「下のお名前はどのような漢字ですか?」と聞いたら「写真の真です」と説明されました。
そこで写真って単語が出てくるのかー。漢字を伝える時って、本当に人によって全然違うなぁ。


posted by yuki at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。