2008年06月21日

チャイコのピアコン

「昆布のくらこんみたい」だと言ったのはヴァイオリン講師をされているMさんですが、
昆布ではなくチャイコフスキーのピアノ協奏曲のことです。
チャイコフスキーマニア(笑)のダンナが、ピアノ協奏曲の1番が聴きたいと言いました。
お勧めはないかと聴かれてもわからないので、ここは詳しい人に!とMさんに聞いてみました。

残念ながらMさん宅にピアコンのCDはなかったそうです。
正確には『買ったはずなんだけど見当たらない』そうですが。
その代わりにと、別のCDを貸してくださったので、さっそくダンナに渡しました。
カラヤン、バレンボイムなど3枚。
大序曲「1812年」、スラブ行進曲、弦楽セレナーデ…う〜ん、見事にダンナ好みの曲。
家にあるCDとダブってる曲が多いのですが、全部演奏者が違うので聴き比べでもしてもらいましょう。

結局ダンナがネットで買ったピアコンのCDは、リヒテルとベルリンフィルでした。
クレーメルのヴァイオリン協奏曲も入った…あっ、Mさんが「見当たらない」って言ってたやつ。
ちなみに合わせて買ったのはハイフェッツのツィゴイネルワイゼン。
私も聴かせてもらおうかな。

こんな話をしていると、ヒナコが話に入ってきました。
「お父さん、『ちゃいこまにあ』?」
「ねぇねぇ、ところで、モーツァルトはオペラ『魔笛』を作曲中に訪ねてきた男に
作れと言われたレクイエムを完成できないまま死んじゃったんでしょ?」

…し、知らんかった。子ども用百科事典、恐るべし。


posted by yuki at 00:00| Comment(5) | おんがくのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も知りませんでした...。
子供百科事典って凄い...。


ところで、旦那さんも音楽好きなんですね。
初めて知りました。
Posted by はや at 2008年06月28日 20:42
ダンナは弦をやっていた義姉の影響でクラシックを聴いていたようです。

ちなみに義姉は、はやさんの高校の英語教師でした。
吹奏楽部の顧問をやっていたのはその高校だったかな?
Posted by yuki at 2008年06月28日 23:46
えええ〜!

英語教師って...何人かいらっしゃったけど、年齢から合うとするとあの人かしら...?

と思い出しています。
(おぼろげ)
Posted by はや at 2008年06月30日 15:02
わかるかな〜、名字は私とおんなじで、歳はひとまわりぐらい違いますよ。
Posted by yuki at 2008年06月30日 19:00
高校の時のアルバムをひっぱり出しました...。

おお!確かにおんなじ苗字だああ〜。

あ、でもすんません。
こちらの先生には習った記憶がありませんでした(^_^;)

英語教師だけでも10人以上いらっしゃって、
その中で3.4人は覚えがあったのですが...。
Posted by はや at 2008年07月02日 21:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。