2010年10月18日

こそあど言葉

今日の学童からの帰り、空を見上げると月や星が見えました。
ヒナコとの会話。

「お母さん、月が出てる」
「その横に星も出てるのわかる?あそこ」
「あっ、それ?」
「そうそう。でも『それ』じゃなくて『あれ』だと思う」
「あっ、そうかー。『これ』は自分の近くで、『それ』は相手に近いもの」
「そうやね。じゃあ『あれ』は?」
「えっと、どっちからも遠いもの!」
「じゃあ、あとは『どれ』やね」
「『どれ』…は、得体のしれないものー!」

そんな説明嫌ですー。



posted by yuki at 00:00| Comment(2) | ヒナコのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こそあど言葉...なつかしい。
この年頃でしたっけ。習うの。



最近「あれ」が家のなかで多い気が...^_^;
Posted by はや at 2010年10月24日 11:10
あぁ、「あれ」は増えてますねぇ…
こそあど言葉を習うのはもっと前です。何年生くらいかなぁ。
Posted by yuki at 2010年10月24日 12:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。