2008年03月20日

クラシックファミリーコンサート

昨年の1月にあった、子ども向けのクラシックコンサートに今年も行ってきました。
昨年に引き続き、京都のけいはんなプラザで、演奏は京都市交響楽団です。

開演前のロビーイベント『楽器体験』。ハープを弾いてみよう。
2008032001s.JPG
意外と力がいるのでしょうか、うまく音を出せなかったようです。
昨年のチェロはスムーズに音が出たのにね…残念。

ところで、今回の曲目は…

アンダーソン:ホーム・ストレッチ
ミーチャム:アメリカン・パトロール
リムスキー=コルサコフ:熊蜂の飛行
L.モーツァルト:おもちゃの交響曲
チャイコフスキー:白鳥の湖

ネットで見て「今年も子どもが好きそうな曲が多いな〜」と思っていたのですが、
ヒナコが楽しそうだったのは1曲目くらいで、だんだん退屈そうな顔になってきました。
白鳥の湖ではナレーション付きにも関わらず、熟睡モード。(物語好きのヒナコが!)
アンコール曲が『となりのトトロ』の『さんぽ』だったのに、歌いもせずぼんやりと。
昨年はあんなに楽しそうに聴いていたのにな〜。

確かに、京響の演奏はとても良かったです。
座席も前過ぎて弦ばかり聴こえた去年に比べいい位置で、管がとても良く響きました。
白鳥の湖のオーボエなんかもう…ため息が…。
ただ、どうも構成・選曲が去年に比べると弱いなぁという印象でした。
アンダーソンとミーチャム、アメリカものを2曲続けてくると似たような印象だし、
白鳥の湖もナレーションと曲のバランス(タイミング?)が悪いのか…うーん。
子ども(ファミリー)向けで静かにじっくり聴くためのコンサートじゃないんだから、
昨年の楽器紹介みたいに、もうちょっと演出でも盛り上げて欲しかった気がします。
昨年はアンダーソンを何曲かやったのですが、特に視覚でも楽しめるせいか、
『Plink Plank Plunk!』が大人気でした。

アンダーソンといえば、ヒナコも好きなようです。
『ホーム・ストレッチ』は楽しそうに聴いていたし、昨年の『ワルツィング・キャット』も。
この日ショッピングセンターで流れていた『シンコペイティッド・クロック』に反応し、
アンダーソンだと教えると「それって『そりすべり』の人〜!」と喜んでました。
私も楽しくて好きだし、CD買ってみようかな…。

帰りに寄ったショッピングセンターで、近所の友達に会いました。
なんと同じコンサートに行ってたそうです。
この前のイタリアンといい、行動パターンが一致するときってあるんですね〜。


posted by yuki at 00:00| Comment(0) | おんがくのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。