2009年01月26日

超絶技巧はお好き?

…っていうコンサートが、週末に公民館でありました。
サブタイトルは『クラシックスーパープレイヤーが繰り広げる白熱の!音楽対決』。
ヴィルトーゾ(名人)と言われる演奏者を招いて、超絶技巧対決を楽しもうという企画。
小林かずみさんというピアニストが企画したものなんですが、彼女いわく
「普通のコンサートはフルコースの料理みたいにプログラムを作るものだけど、
このコンサートは最初からいきなりステーキです」だそうです。

曲目はこんな感じ。

 ビゼー 歌劇『カルメン』より 
  ”ハバネラ””ジプシーソング”(ソプラノ)

 ◇原曲を聴いてからいよいよカルメン対決!◇ 
 ボルヌ カルメン幻想曲(フルート)
 ワックスマン カルメン幻想曲(ヴァイオリン)

 ◇ピアノで小休止◇
 ショパン エチュード(革命)(ピアノ)

 ◇仲良く…◇
 アダン キラキラ星変奏曲(フルート・ソプラノ)

 ◇2人の歌姫対決◇
 ヴェルディ 歌劇『運命の力』より”神よ平和を与えたまえ”
 ヴェルディ 歌劇『椿姫』より”そは彼の人か〜花から花へ”

 ◇チャルダッシュ対決◇
 ドップラー ハンガリー田園幻想曲(フルート)
 サラサーテ チゴイネルワイゼン(ヴァイオリン)

 ◇歌VS楽器 愉快な対決◇
 フンパーディング 歌劇『ヘンゼルとグレーテル』より魔女VSグレーテル(ソプラノ)
 ドップラー アメリカン・ファンタジー(フルート・ヴァイオリン)

 出演(敬称略)
  小林かずみ(ピアノ)
  長原幸太(ヴァイオリン)
  榎田雅洋(フルート)
  雑賀美可(ソプラノ)
  日紫喜恵美(コロラトゥーラ・ソプラノ)

感想をひとことで言うと、「面白かった!でもすっごい疲れた!」
まさに最初から最後までメインディッシュという感じでしたね。
私の今回のお目当てはヴァイオリンの長原幸太さんだったんですが、
他の方もみんなとても素敵でした。
ソロと伴奏で全ての曲を弾き、トークも上手なピアノ&司会の小林さん。
カルメンや『ヘンゼルとグレーテル』の魔女を迫力満点に演じた雑賀さん。
同じ人間とは思えない高音で、華やかに、コミカルに歌う日紫喜さん。
超絶技巧の大変さをを感じさせない、柔らかくやさしい音色で奏でる榎田さん。
長原さんの『チゴイネルワイゼン』が終わった時は、凄い拍手と「ブラヴォー!」の声。
『アメリカン・ファンタジー』では榎田さんが突然アメリカ国旗を取り出して、
アメリカ国歌のメロディーに合わせて演奏中の長原さんの目の前で振ってみたりして。
もう、たった1000円で本当にお腹いっぱいです。

ヒナコはヴェルディのあたりでちょっと眠くなったようですが、また復活して
芝居仕立ての『ヘンゼルとグレーテル』に大喜びでした。
ダンナも「歌はあんまり…と思ってたけど、特にコロラトゥーラソプラノが良かった」
「チゴイネルワイゼン、前半の低音が凄くいい音色だった」なんて、大満足。
ダンナはハイフェッツのチゴイネルワイゼンを気に入って聴いているのですが、
前半部分はハイフェッツに負けないくらい良いと思ったみたいです。すごー。
1000円で生のストラディバリが聴けるなんてお得だとも言ってました(笑)

さて、長原さんといえば、大阪フィルの公演で本番直前に大植英次さんが倒れ、
指揮者のかわりにコンマスの長原さんが弾き振りをした有名なエピソード。
本番前にいつもの喫茶店でコーヒーを飲んでいたら電話がかかってきて…
「今電話がかかってくるなんて、大植さん倒れたんちゃうかーと思った」とか
「できるかと聞かれて『できます』って言ってしまって僕の方が病気になりそうだった」
とか、裏話みたいなものも今回聞けて楽しかったです。
posted by yuki at 00:00| Comment(0) | おんがくのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

『素敵な』コンサート

今日は、公民館(といってもちゃんとしたホール)でコンサートがありました。

『N響メンバーによる素敵な室内楽コンサート』。
確かに素敵なんですけど、ネーミングは微妙ですね。

メンバー(敬称略)は

ハープ 早川りさこ
チェロ 藤村俊介
ヴァイオリン 嶋田慶子
フルート 甲斐雅之

ちょっと変わった組み合わせですよね。

プログラムは

一部
・エルガー/愛の挨拶(フルート、チェロ、ハープ)
・サンサーンス/白鳥(チェロ、ハープ)
・バッハ/無伴奏チェロ組曲よりプレリュード、ジーグ(チェロ)
・バッハ/無伴奏パルティータ二番よりアルマンド(ヴァイオリン)
・マスネ/タイスの瞑想曲(ヴァイオリン)
・ドビュッシー/シリンクス(フルート)
・イベール/間奏曲(フルート)
・モーツァルト/ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲
 ト長調KV423より1楽章
・モンティ/チャルダッシュ

二部
早川さんがハープについてトークの後
・シベリウス/樹の組曲より
・ロドリーゴ/恋のアランフェス(アランフェス協奏曲)
・バルトーク/6つのルーマニア民俗舞曲

アンコール
・ドビュッシー/亜麻色の髪の乙女
・モーツァルト/トルコ行進曲

なかなか盛りだくさんな内容です。
ちなみにお値段は大人1,500円、小中学生500円。かなりお得!
オケも良いんですけど、今回はアンサンブルもそれぞれの楽器単独でも楽しめて。
個人的には、今回フルートが良かったかな。もちろん他も良かったんですけどね。
音響の素晴らしいホールってわけじゃないし、たった4人で舞台で演奏するので
あまり後ろの方は響かなくて残念だったかもしれないなぁ。

ハープの早川さんが司会進行役だったのですが(司会スタッフはいないので)
途中でほかの演奏者にちょっとインタビューをしてみたり、裏話を暴露したり、
(楽器を忘れて舞台に出て行って、そのまま取りに戻った人の話とか)
普段見られないハープの側面を見せてくれたり…と、演奏以外も楽しめました。

帰りの車の中で、ヒナコに「感想は?」と聞いてみました。
「凄かったねぇ!コンビネーションがスッゴい良かった!トークも面白かったし〜、
高い音や低い音が色々で良かった〜」だそうです。
今回はヒナコには退屈かと思ったのですが、この前のファミリーコンサートよりも
ずっと楽しそうに聴いていました。

とってもいいコンサートだったのですが、演奏以外のところで不満が少し。
市の教育委員会が主催のコンサートだったんですが、普通はコンサートの前に
スタッフから飲食・撮影禁止など注意事項の説明なんかがありますよね。
当り前のマナーと言えばそうなんですが、壁に注意事項を書いた紙が貼ってあるだけ。
休憩中とはいえホール内でペットボトルのお茶を飲む人、お菓子を食べる子ども。
普段コンサートに来ないような人もたくさん来ているんだから、もうちょっと
きっちりとやってくれないと困りますよね。
しかも、市の広報だかなんだか知らないけど、やたら写真撮影をしていました。
デジカメの『ピピピッ』という撮影音も消さず、フラッシュたきまくりで
しかも、演奏中にですよ?演奏の合間じゃなくて。
うるさいしフラッシュがすぐ後ろで光って気になるし。
便乗してお客さんまで撮影してたんじゃないかと思うほど、何度も何度も。
他のお客さんにも迷惑だし、演奏者に対しても失礼ですよね。
せっかくコンサートを楽しめたのに、これだけが残念で仕方ありませんでした。

posted by yuki at 00:00| Comment(0) | おんがくのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

おかしい。

「この曲、1か所だけ音が変…。」

この間借りたCDのうちの1枚、チャイコフスキーの『1812年』の話ですが、ダンナいわく
「何回聴いても13分あたりのトランペットの音が1音だけおかしい」んだそうです。
「聴いてみる?」と言われまして。

聴きこんだマニアの人しかわかんないんじゃ…と思って聴いてみたんですけど、
確かに1か所だけ、あきらかに音程が途中で「ぱあぁ〜ん」って下がってるんですよ。
思わず、素で「ぶっ」と噴き出してしまいました。
だって、もう終盤の、盛り上がってくるファンファーレみたいなところなのに…。
もったいない!!!

それにしても、私みたいな素人が聴いてわかるって、相当な気がするんですが。
プロオケどころかベルリンフィルのCDでも、たまにはこんなことがあるんでしょうか。
まさかエキストラだったりしないよね…。
しかもこれ、いわゆる名盤って言われてるものらしいです。
「チャイコフスキー作曲による演奏会用序曲『1812年序曲』は巨匠カラヤン&ベルリン・
フィルハーモニー管弦楽団1966年録音の名作を収録。」なんてアマゾンでは紹介してます。
その1音(実際はその1音だけじゃない気が)を除いたら素晴らしい演奏だからOK、なんでしょうかね。

とにかく気になって仕方がありません。
誰か聴いてみてください。
posted by yuki at 00:00| Comment(0) | おんがくのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

ラヴェルのピアコン

またピアコンの話。チャイコフスキーの次は、ラヴェルです。

先日、ラヴェルの『クープランの墓』の話を書きました。
それと同じラヴェルのベスト盤に入っていたピアノ協奏曲1番の第3楽章。
これが結構変わった曲で面白いので、全部聴いてみよう!と思いました。
こちらはさほどこだわらず、たまたま見つけたアルゲリッチ&ベルリンフィルのCDを購入。

さっそく聴いてみたのですが、第3楽章がベスト盤の演奏とそっくりなような…。
何度聴いてもそっくりなので、ベスト盤の演奏が誰なのかネットで調べてみました。
(レンタルだったので手元にCDがない)
ピアノ:マルタ・アルゲリッチ、オケ:ベルリンフィル、指揮:クラウディオ・アバド。
やっぱり、まったく同じでした。
ベスト盤を凄く真剣に聴いていたわけでもなければ聴き比べてみたわけでもないのに、
案外人間の耳って(それとも記憶かな?)ちゃんと聴いてるものなんですねー。

ところで、『チャイコのピアコン』が昆布のくらこんみたいって話ですが、
実際に言うかどうかは別として、クラリネット協奏曲なんかまさに『クラコン』ですよね…。
前に読んだ本に『ドヴォルザークの8番は略してどぼはち、どっかの居酒屋みたい』とか
『ダフニスとクロエをだふくろと略されると森進一の曲みたい』とか書いてたのを思い出しました。
高校の時にやった『運命の力』も、確か『運力(うんりき)』と呼ばれていましたが
『うんりき』ってなんやねん、みたいなね。万力みたいです。
posted by yuki at 00:00| Comment(0) | おんがくのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

チャイコのピアコン

「昆布のくらこんみたい」だと言ったのはヴァイオリン講師をされているMさんですが、
昆布ではなくチャイコフスキーのピアノ協奏曲のことです。
チャイコフスキーマニア(笑)のダンナが、ピアノ協奏曲の1番が聴きたいと言いました。
お勧めはないかと聴かれてもわからないので、ここは詳しい人に!とMさんに聞いてみました。

残念ながらMさん宅にピアコンのCDはなかったそうです。
正確には『買ったはずなんだけど見当たらない』そうですが。
その代わりにと、別のCDを貸してくださったので、さっそくダンナに渡しました。
カラヤン、バレンボイムなど3枚。
大序曲「1812年」、スラブ行進曲、弦楽セレナーデ…う〜ん、見事にダンナ好みの曲。
家にあるCDとダブってる曲が多いのですが、全部演奏者が違うので聴き比べでもしてもらいましょう。

結局ダンナがネットで買ったピアコンのCDは、リヒテルとベルリンフィルでした。
クレーメルのヴァイオリン協奏曲も入った…あっ、Mさんが「見当たらない」って言ってたやつ。
ちなみに合わせて買ったのはハイフェッツのツィゴイネルワイゼン。
私も聴かせてもらおうかな。

こんな話をしていると、ヒナコが話に入ってきました。
「お父さん、『ちゃいこまにあ』?」
「ねぇねぇ、ところで、モーツァルトはオペラ『魔笛』を作曲中に訪ねてきた男に
作れと言われたレクイエムを完成できないまま死んじゃったんでしょ?」

…し、知らんかった。子ども用百科事典、恐るべし。
posted by yuki at 00:00| Comment(5) | おんがくのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

便利になりましたね

音楽ダウンロードサイトというのを、初めて使ってみました。
ウォークマンにはCDから転送して聴いていたのですが、今回なぜ使ったのかというと
欲しかった 廃 盤 の C D を 見 つ け た か ら !

ラヴェルの組曲『クープランの墓』、小澤征爾・ボストン交響楽団の盤です。
レンタルで借りたCDにたまたま『前奏曲』だけ入っていて、「全曲聴きたい!」と
アマゾンなんかで探したところ…廃盤だったんですよね。
クリュイタンス・パリ音楽院管弦楽団のものは全曲入ったものがレンタルであったけど、
実はいまいち好みじゃないというか、小澤&ボストンのほうが好みでした。
ラヴェルの曲なんだから、フランスの指揮者とオケでやるのが一番「らしい」のかも
しれないし、実際クリュイタンスのは人気みたいなんですけどね。
いいんです、さっそく聴いてみようとワクワクしてるので、別にマイナーでも。
あぁ、世の中便利になりましたねぇ。

あとはベルリンフィルとか水戸室内管弦楽団とか、ピアノ版なんかも探して聴き比べてみたいな〜。
…こんなこと書いてると何だかクラシックマニアみたいですね。違うけど。
posted by yuki at 00:00| Comment(2) | おんがくのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

題名のない音楽会

『題名のない音楽会』が新しくなりましたね。(何でまた『21』が消えたんでしょうか?)
ハネケンさんが亡くなってしばらく、いろんな人がゲスト司会でやってきましたが、
今日から司会は指揮者の佐渡裕氏です。

番組の終わりにやってた番宣で、毎週毎週『キャンディード序曲』が流れてたので、
「佐渡裕だしね〜、彼のイメージ曲として流してるのかな」と思ってたんですが。
まさか、番組のテーマ曲になるなんて思ってもみませんでした。
しかも初回はシエナ・ウインドオーケストラでバーンスタイン。
いきなり吹奏楽で師匠の曲って、いくら初回とはいえ、佐渡色強すぎませんか…。
好きは好きなんですけどね。佐渡&シエナのCDも持ってるし。

でも、なんて言うか、まぁ…『濃い』ですよね…。
posted by yuki at 00:00| 奈良 ☀| Comment(0) | おんがくのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

クラシックファミリーコンサート

昨年の1月にあった、子ども向けのクラシックコンサートに今年も行ってきました。
昨年に引き続き、京都のけいはんなプラザで、演奏は京都市交響楽団です。

開演前のロビーイベント『楽器体験』。ハープを弾いてみよう。
2008032001s.JPG
意外と力がいるのでしょうか、うまく音を出せなかったようです。
昨年のチェロはスムーズに音が出たのにね…残念。

ところで、今回の曲目は…

アンダーソン:ホーム・ストレッチ
ミーチャム:アメリカン・パトロール
リムスキー=コルサコフ:熊蜂の飛行
L.モーツァルト:おもちゃの交響曲
チャイコフスキー:白鳥の湖

ネットで見て「今年も子どもが好きそうな曲が多いな〜」と思っていたのですが、
ヒナコが楽しそうだったのは1曲目くらいで、だんだん退屈そうな顔になってきました。
白鳥の湖ではナレーション付きにも関わらず、熟睡モード。(物語好きのヒナコが!)
アンコール曲が『となりのトトロ』の『さんぽ』だったのに、歌いもせずぼんやりと。
昨年はあんなに楽しそうに聴いていたのにな〜。

確かに、京響の演奏はとても良かったです。
座席も前過ぎて弦ばかり聴こえた去年に比べいい位置で、管がとても良く響きました。
白鳥の湖のオーボエなんかもう…ため息が…。
ただ、どうも構成・選曲が去年に比べると弱いなぁという印象でした。
アンダーソンとミーチャム、アメリカものを2曲続けてくると似たような印象だし、
白鳥の湖もナレーションと曲のバランス(タイミング?)が悪いのか…うーん。
子ども(ファミリー)向けで静かにじっくり聴くためのコンサートじゃないんだから、
昨年の楽器紹介みたいに、もうちょっと演出でも盛り上げて欲しかった気がします。
昨年はアンダーソンを何曲かやったのですが、特に視覚でも楽しめるせいか、
『Plink Plank Plunk!』が大人気でした。

アンダーソンといえば、ヒナコも好きなようです。
『ホーム・ストレッチ』は楽しそうに聴いていたし、昨年の『ワルツィング・キャット』も。
この日ショッピングセンターで流れていた『シンコペイティッド・クロック』に反応し、
アンダーソンだと教えると「それって『そりすべり』の人〜!」と喜んでました。
私も楽しくて好きだし、CD買ってみようかな…。

帰りに寄ったショッピングセンターで、近所の友達に会いました。
なんと同じコンサートに行ってたそうです。
この前のイタリアンといい、行動パターンが一致するときってあるんですね〜。
posted by yuki at 00:00| Comment(0) | おんがくのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

ぐるぐると

何かの拍子にふと頭の中に現れ、ぐるぐると繰り返し流れる曲ってないですか?
ここのところずっと、ヴェルディの歌劇『シチリア島の夕べの祈り』が流れてます。
しかも流れる場所は必ず決まっているのです。
高校の時に演奏したことがあるけど、思い入れがある曲どころか…
慣れないバスクラリネットを吹いて、それはもうボロボロでした。
(バスクラじゃなかったら上手いのかというと…)
ちなみに一年前の今頃は、確かサンサーンスの『サムソンとデリラ』でした。
最近フィギュアで使われてましたね。安藤美姫でしたっけ?
朝出勤の時、職場近くのコンビニに寄って、買い物をして店を出る時とか。
あの『バッカナール』のラスト、決まってティンパニのとこから流れるんですよ。
で、壮大に盛り上がって終わるわけですが、なぜこの曲なのかいまだにわかりません。
とりあえず、朝にはちょっとテンション高すぎる気がします。

posted by yuki at 00:00| Comment(3) | おんがくのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。