2011年11月05日

石けんの勉強会に行ってきました

少し前に発足した「ハンドメイド石けんマイスター協会」
今日は梅田の会議室でマイスター認定講習会というのがありました。
教室で人に教えることのない自分が受けてもいいのかなぁと迷ったんですが、
石けん作りに関わる法律などを勉強するいい機会だと思って参加してきました。
朝、予想外のアクシデントがあって待ち合わせ時間には間に合いませんでしたが、
(ごみ収集の時間がいつもより遅くて、家を出るのが遅れるという(笑))
ルクアのパン屋さんで合流したのはじゅんさん、しゃぼんmamaさん、ecru1さん、
ツクツクさん。さらに山梨からはみいさん、そして今回初めてお会いするPOPさん。
なんか、このメンバーに私混じっていいのかしらって感じですが、もうそこは気にしない。

で、講習の内容はとりあえず置いておいて。
今回この講習に参加したのは、
「薬事法などの法律をちゃんと守って、安全に石けんを作りましょう。」
「石けんを作ることを楽しんで、母から子へ文化として伝えていきましょう。」
といった(端折ってますが)協会の考えに賛同したからです。
参加された方も本当に色んな思いをもってらっしゃって、熱い議論が繰り広げられました。
そっちばかりに時間を取られて、なかなかテキストの内容に入れなかったくらい。
あっという間の4時間で、もっと皆さんのお話を聞きたいなーと思いながら帰りました。
せっかくたくさんのソーパーさんが集まったんだし、自己紹介とかあっても良かったのにな。

石けん作り実習のかわりに、配られたオイルミックスと精油を持ち帰って自宅で作ります。
期日までにできあがった石けんを送って、その後マイスター認定ということになるそう。
それにしても、配られたラベンダー精油の分量がかなり多めだったのにはびっくり。
500gバッチで精油15mlって多めですよねぇ…。
そんなに入れたことないから、どの程度の香りになるのかちょっと不安。


posted by yuki at 00:00| Comment(0) | 石けんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

いのちをいただいて、つなぐこと

今日は内田美智子さんという方の講演会に行ってきました。
少し前に薦められて「いのちをいただく」という本を読みました。
「いのちをいただく」は、食肉加工センターで働く坂本さんのお話ですが、
内田さんはその本の著者で、助産師さんなんです。
講演のテーマは、「いのちをいただいて、つなぐこと」。

「いのちをいただく」ってどういうことだと思いますか?
内田さんはこの「いのち」について、最初に問いかけられました。
いのちというのは、もちろん私たちが生きるために食べる肉や魚、植物。
でもそれだけじゃないんです。
どんな産み方でも、1滴の血も流さずに出産する母親はいません。
私たちはすべて母親の「いのち」の一部をいただいて生まれてきます。
そして普段食べているものが私たちの口に入るまでには、
育てたり作ったりする人、料理をする人、必ず誰かの手がかかっています。
それは、その人たちの貴重な時間=人生の一部を分けてもらっていること。
そうやって、私たちはたくさんのいのちをいただいて生きています。

保育園の時、「いただきます」の挨拶がずいぶん長かったのを覚えています。
「この給食は、お父さんやお母さんやたくさんの人たちのお骨折りで
 できていることを思って、感謝しながら、こぼさないように、
 残さないように、よく噛んで、いただきます。」
毎日毎日、こんな挨拶をしてから給食を食べていました。
いつの間にか、なんとなく「いただきます」を言うようになったけど
多くのいのちを分けてもらっていることにちゃんと感謝しなきゃ、と思います。

「生」「性」「食」にまつわるお話をたくさん聴きました。
内田さんが子どもたちと話をした時。
「朝ごはん食べた?」「昨日の晩ごはん何食べた?」なんて聞くと
「食べてない」と答えたそうなんですが、よくよく聞くとそうじゃない。
戸棚から出した菓子パンやインスタント食品は食べてるんだそうです。
その子にとっては、それは『ご飯』ではないんですね。
忙しいからコンビニ弁当を食べる、それも悪いことじゃない。
でもほんのひと手間、子どもの分だけでもお皿に移し替えてやる。
コンビニ弁当の多すぎるご飯を子どもの食べられる量だけお茶碗に移す。
それだけでも、「親が自分のために手をかけてくれた」と子どもは感じる。
口に出しては言わないけど、食事の記憶ってしっかり残るんだそうです。

誰もが母親からいのちをいただいて生まれてきている。
ここにいること自体がすごいこと、そこにいるだけで価値のあること。
悩み、迷っているすべての子どもたちにそれを分かってほしい。
内田さんはそんなことをおっしゃいました。

ヒナコが生まれたとき、とにかく無事生きていてくれれば、と思いました。
2か月も早く生まれてきて、1211gしかなかったヒナコ。
当時は命の危険もあったし、脳性まひのため下肢に障害があります。
0歳から一生懸命PTに通い、小学校に上がる前に両足の手術をして、
ずいぶん動けるようになって、ジャンプも少しならできるようになりました。
ついつい昔の気持ちを忘れて、あれもこれもと叱ってばかりの毎日です。
生活するために必要なことはもちろん身につけさせなきゃダメだけど、
「あなたが大切なんだよ」っていう気持ちをしっかりと伝えて
「生まれてきて良かった」と思ってくれるようになったらなぁと思います。



posted by yuki at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

学童の行事とちょっと愚痴。

朝、ふと嫌な予感がしてヒナコのピアノバッグを覗いたら、
発表会用の楽譜がこっそり入ってました。どう見ても連弾の楽譜。
私も連弾させられるんだから、貰ったら貰ったってちゃんと言ってよー。
ヒナコに見せて、「これ何?もしかしてお母さんがこっち弾くの?」と聞いたら
「…へ?」と答えられました。
ちゃんと先生に聞いておいで〜!


今日は市内の学童全部が集まっての行事でした。
会場は自分の母校だったりします。懐かしい。

朝から雨がパラパラと降ったりやんだり、あやしい空模様。
途中で中止になることを想定してか、プログラム順が二転三転で大変でした。
「せっかく練習した一輪車を先にやらせてあげたい!」とかわかるんだけど、
うちみたいに午前中で帰る予定の人もいるんだから、ちょっと考えてほしかった。
ヒナコは午前中のプログラムにある絵画の表彰式に出る予定だったのに、
午後に後回しにされた上、どの順番に入ってくるかわからないって。
お弁当用意してないのに、どんどん変わるプログラムのせいで買いにも出られない。

プログラムをいろいろ削って、表彰式は閉会式でやることになりました。
雨が降ってきたのに、子どもたちをグラウンドに全員並ばせての閉会式。
終わりの挨拶なんかやった後に、結局表彰式は省略して名前すら紹介なし。
挨拶だけなら雨の中並ばせなくても、観覧席にいさせてやったら良かったのに…。
他の学童には明日修学旅行って子もいるのに、風邪ひいたらどうすんの?

先生方もそこはずいぶんお怒りで、何度も申し訳なさそうに謝ってくれました。
学童行事っていっても、うちの先生が悪いわけじゃないんだけどなー。
とりあえず帰り道でダンナにメールしてお風呂を沸かしてもらって。
お風呂で温まったら、遅めの昼食兼おやつのマクドナルド。
大変だったけど、今日良かったのは転勤しちゃった先生に会えたことかな。

posted by yuki at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

美容院をさがして

今日は午後半休して美容院に行ってきました。
いつものお店じゃない、初めてのところ。
最近ちょっといつものお店に行くのが面倒なんですよね。
美容師さん男性なんだけど、しゃべるのがしんどいっていうか。
笑いを取りたいのか、失敗談というか自虐的な話が多いし、
親しい友達ならともかく、どう反応していいのかわかりません。
前回も同じこと聞かれたよ、もういいからボーっとさせてよ…って。

今回担当してくれたのは20代後半くらいの女性の美容師さん。
伸びかけの前髪のブローの仕方とか色々聞いちゃいました。
待ち時間に飲み物を出してくれて、少しマッサージもしてくれました。
デジタルパーマの仕上がりもとりあえずは満足です。

そういえばここのシャンプー、顔にタオル乗せないんですよ。
そのかわりにシャンプー中はロールスクリーンが上から降りてきて、
他のお客さんから顔が見えないように目隠ししてました。おもしろーい。


posted by yuki at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

居酒屋体験

学童で高学年ハイキングをすることになったので、今日は打ち合わせでした。
先生も交えて1時間ほど話をした後、先生と別れて近くの居酒屋に移動。
こっちに参加したのは4家族だけでしたが、子どもたちテンション上がりっぱなし。
別に大騒ぎするわけじゃないんだけど、慣れてるのか次から次へと注文します。
うちは夫婦とも飲まないから、当然ヒナコは居酒屋初体験。
大人たちの隣に座ってカルピスを飲みつつ、1人のんびりまったりマイペース。
家では出ない「居酒屋メニュー」や、初めての大人体験(笑)にご満悦でした。
眠そうにしはじめたと思ったら、変なテンションでヘラヘラ笑いながら寝転んで…。
眠いなら帰ろうかと言ったら、「眠いけどここにいる、私だけ先帰るのイヤ!」だって。
そんなところで寝られても困るので、なだめて連れて帰りました。
(お店の送迎サービスがあって家まで送ってくれたので助かりました!)
よっぽど楽しかったんでしょうねー。
決して、普段遊びに連れて行ってないわけじゃないですよ。
きっと他の家族と一緒っていうのも嬉しかったんだろうと思います。ひとりっ子だし。
ちなみに、子どもたちがすごい勢いで飲み食いしていた件ですが。
「精算の時にレジを打つ店員さんの手がなかなか止まらなくてハラハラした」だそうです。
posted by yuki at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

ラピスラズリのブルーマーブル石けん

記事のアップがちょっと遅くなったけど…
しゃぼんmamaさんの教室で作った石けん、ユーカリの香りと一緒に届きました♪

2011101002s.JPG

きれいなブルーで緩やかなマーブル模様ができました!
このブルーはラピスラズリパウダーを使っています。いい色〜。

あんな風に生地を入れたらこうなるんだなぁって何となくわかったけど、
やっぱりmamaさんみたいに思い通りにマーブル模様を作るには
頭の中でイメージできることと、何より腕!が必要だわーと実感しました。

2011101001s.JPG

トップにつけたマーブル模様がまたいい感じ。ずっと眺めてても飽きません。
あぁ、もっと上手に写真が撮れたらなぁ。

posted by yuki at 00:00| Comment(3) | 石けんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

予防接種のその後

昨日の夕方、ヒナコがやたら眠い眠いと言い出しました。
夕食の前に熱を測ってみると38.5℃。
予防接種の副反応?いままで出たことなかったのに、量が増えたから?
食欲はいつもどおりだし、熱と眠気だけみたいなのでとりあえず様子を見て、
結局今朝には36.3℃に下がって、なんの症状も出ずにひと安心。

私は毎年打った場所が直径10cmくらい真っ赤に腫れて痒くなります。
ヒナコも腫れはしないけど今年はずいぶん痒がってました。
そろそろ抗体が出来てきたのか、それとも体質が似てきたのかな?
posted by yuki at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

今年の予防接種

昨日、家族揃ってインフルエンザの予防接種に行ってきました。
今年から子どもも大人と同じワクチンの量になったんだそうです。
何で同じ値段になってるんだろうと思ったらそういうわけ…。

ところで、先生がそれをヒナコに教えたのは接種後でした。
だって、接種量が増えるってことはその分痛くなるってこと。
せっかく頑張って受けようとしてるんだから、それを先に言わないで
終わってから「昨年より痛いのに我慢して偉かったなぁ!」って褒める。
先生、言ったらヒナコが怖がると思ったんだろうなぁ。
もう毎年怖い怖いって診察室で大暴れだったから。

昨年ちょっと頑張って自信がついたのか、今年はあっさり受けてくれました。
さらにそのことを褒められて調子に乗って、
「次(2回目)はいつ予約すんの?」と張り切って笑われてました(笑)

posted by yuki at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

秋。

今日は朝から映画を見てきました。
フードコート、珍しく空席があるなぁと思ったら、周辺の学校が軒並み運動会でした。

2011100101s.jpg

帰りの車の中から。
うろこ雲とか、段々畑みたいになった雲とか。
昨日あたりから金木犀の香りが漂ってきてるし、あぁ秋だなぁって感じます。
posted by yuki at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

お休みの日のいろいろ

今日は運動会の振替休日。
雨天延期の予備日で休暇を取ってたから家で過ごしても良かったんだけど、
他学童との交流があるらしいので、ヒナコは朝から学童に行きました。

手帳を見たくて朝からフラリと阿倍野に出て、ハンズとロフトをハシゴ。
その後、適当に入ったお店でナシゴレンとチャイのランチ。
残念ながらちょっと疲れ気味だったので、あまりウロウロせずに帰りました。

夕方、ヒナコのピアノレッスンについて行きました。
久々に見たら、いつの間にか初見で両手で弾くということを身につけてて驚き。
まぁ、間違いながらだし、かなり簡単な曲ではあるんだけど。
首を動かしながら(辻井伸行さんみたいな動きだ…)楽譜を目で追って、
メロディを小さな声で口ずさみつつ必死で弾くのがちょっと可愛かったりして。
で、レッスンをのほほんと見学してたら先生から一言。
「発表会の日決まりましたよ。お母さん、連弾行けます?」
また連弾!?あれ、簡単な曲でもめちゃくちゃ緊張するんですけど。
昨年は大きいホールでヤマハの合同発表会だから連弾遠慮したけど、
そうか、今年はまた2年に一度のアットホーム発表会かぁ…。
「弾けるお母さんにはみんなお願いしてるんです」って言われちゃったし
ヒナコも連弾したいっていうだろうし、また練習するかな。
posted by yuki at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。